経営者と恋愛したい

経営者と恋愛したい!また会いたいと思われる女性の特徴とは?

「あの人と、また会いたい」

 

この感情が何度となく生まれることがお付き合い、そして結婚へと繋がります。つまり、「また会いたい」と思われることが感情の要であり、非常に重要な意味を持つのです。ここでは、また会いたいと思われる女性の特徴について探ります。

 

自尊心を満たしてくれる

女性が自分と一緒にいることで満足そうにしている、そして何より幸せそうにしていると感じたら、男性は「女性にハッピーをもたらした」と満足感に浸ります。
このことこそが「また会いたい」と思わせる原動力となっていると心得ましょう。
即ち、あなたが曇りのない笑顔で男性に幸せな気持ちを伝えられたら、男性は男としての自尊心を満たし、達成感を獲得。
それが無上の喜びとなり、またこの喜びを味わいたいと無意識の意識、つまり潜在的な部分で感じているのです。
そこで、あなたが男性と一緒に満ち足りた時間を過ごしたならば、全身で感謝の意を表しましょう。
表情で表すのが苦手な人は、言葉を駆使して伝えてください。
「こんなに楽しくて笑ったのは本当に久しぶり」「あなたのお蔭」「ありがとう」などのワードを散りばめると効果的。
また、直接伝えた後にメールなどで何度となく伝えるのも一案です。

 

好きという気持ちを隠さない

嫌悪感を抱いている相手は別として、言葉はなくても態度で好意を表されたら嬉しさは否めません。
実は好意自体は「好き」「愛している」といった直接的な言葉を発しなくても、伝えることが可能なのです。
例えば、何気ない時に男性の顔をじっと見つめて、目があったらにっこりと微笑む。
これは好意を持っていない異性には絶対にしないことです。
「あなたのことを見ているだけで思わず嬉しくなってしまう」といったトキメキの表れですから。
憎からず思っている女性からの気持ちを感じれば、どんな男性でも「次はいつ会えるかな」と考えずにはいられないもの。
気持ちを出し惜しみしないことが功を奏します。

 

共通の楽しみを持っている

お互いが類稀なる映画好きだとしましょう。
独りで鑑賞するのは嫌いじゃないけど、好きなことをあれこれと語り合えるパートナーがいれば楽しさは倍増します。
単に付き合ってもらう映画鑑賞ではなく、本当の映画好きとの鑑賞は格別で、共通の楽しみを同じ感性で味わえるデートは喜びもひとしお。
こういうお相手に対しては、「次のワクワクはいつになるのか」と待ちきれない気持ちになるものです。

 

気に入られたいと単純に歩調を合わせるだけでは足りません。
相手に求められることがとても重要なのです。