初対面 男性

女性の勘違い?初対面の男性が見ていない女性のおしゃれとは?

男性の目を意識するからこそ、女性はおしゃれに気合を入れて見た目を整えます。でも、実際には女性が考えているほどに男性が意識していないおしゃれポイントはいくつもありました。
そこで、自分では「盛った方がいい」と考えていても、実は初対面の時でさえ男性が見ていない女性のおしゃれについてお教えしましょう。
婚活中のおしゃれについて考え直す絶好のチャンスです。

 

アイメイク

お人形のようにぱっちりした目元は全ての女性の憧れであり、それは整形という大胆な手段を選ばずともメイクやつけまつげのお蔭で格段に進化を遂げました。でも、それを喜んだのは女性だけ。男性は「がんばって可愛くしているな」と思う程度で、女性が期待するほどには好ましく思っているわけではありません。自分の気に入ったメイクを施すことで、自信に満ちた魅力ある笑顔になれると思うのであればアイメイクを否定するつもりはありません。ただし、男性の内心は賛否両論。
「コスプレみたい」と否定的に捉えている男性も少なからずいることを覚えておきましょう。少なくとも、ナチュラル感を意識したほうが良さそうです。

 

ネイル

セルフでも簡単にチャームアップできるので、近年はネイルに気を配る女性が当たり前のように増えてきました。ただし、特に結婚を視野に入れている男性の視線がネイルに好意的ばかりとは言えません。何故かというと昔ながらの「家事を疎かにしそう」という発想がいまだ根付いているからです。反対にネイルが控えめにしている女性はとても好感度が高く、「女性らしさを感じる」とさえ言われることも。淡い色や無色で清潔感を漂わせるくらいが程良いようです。

 

ハイヒール

踵の高いハイヒールは足首をほっそりと見せてくれるので、おしゃれ女性たちには圧倒的な支持を得ています。足長効果も期待でき、容易にスタイルアップ可能な点も優秀です。でも、男性にとっては「歩き辛そうでデート中も気になってしまう」と必ずしも歓迎している様子は窺えません。ハイヒールを履いたスカート姿を好ましく思っていたとしても、バービー人形のような非現実的な姿は求めていないのが実情なのです。

 

中には「男性の好みに合わせておしゃれをするなんてナンセンス」と思う人がいるかもしれません。ただ、男性の視線を感じるとおしゃれに気合が入るのも確か。ならば、婚活中は男性受けするおしゃれを意識することもありではないでしょうか。戦略的なおしゃれは婚活における大事な要素。せめて婚活中は無用なおしゃれで自我を通すのをお休みし、ちょっぴり歩み寄ることで大きな成果を得ようではありませんか。