お金持ちの男性がまず選ばない女性

お金持ちの男性がまず選ばない女性のタイプとは?

「願わくは、お金持ちの男性と結婚したい」

 

これは婚活中の女性であれば一度は頭を過ぎる本音でしょう。この願いを叶える為には、お金持ちの男性に選ばれる必要があります。とはいえ、余りにもステレオタイプありきでは選ばれそうにありません。そこで、お金持ちの男性がまず選ばないタイプとならないようポイントを押さえておきましょう。後はあなたの個性をエッセンスとしてプラスすれば完璧です。

 

人間性よりも経済的なことに執着心を抱く女性

出会った後にはお互いのことを知りつつ思いやる気持ちを育てるのが常套ですが、それをなおざりにして本人の資質とは異なる質問、特に財産を見定めること興味津々という女性であれば幻滅されたとしても致し方ありません。お金持ちの男性の多くは実家が元々お金持ちだったケースと自力で財を築きあげたケースに分かれますが、いずれの人もまずは自分について知って欲しいと強く感じているという共通点があります。したがって、もしも「社長って言っているけど、会社の規模ってどれくらいなのかしら」「自分名義の住宅だとしたら、どこにあるのかしら」と疑問に思ったとしても自ら訊ねるのはタブーと心得ておきましょう。お金持ちの男性はお金でしか評価されないことに大きなコンプレックスを抱いていることが往々にしてあり、その点だけに強く魅力を感じていると勘ぐられたら、あなたを選ぶ可能性は消えてしまうかもしれません。

 

豊かでないことを卑下する女性

豊かでないことは悪ではありません。もしも豊かでない状況にありながら慎ましく生活する術を心得ていたり、お金の価値を正しく理解していたりする女性であれば、経済観念のしっかりとした大人の女性と評価されるでしょう。でも豊かでないことを恥じて、「自分なんて」と必要以上に貶めて考えてしまう女性に魅力は感じられません。これはあくまでも考え方の違いなのですが、人間性という意味では大きな開きが生じています。例えば、同じような生活水準の女性が二人いたとします。一方の女性は分相応の暮らしを心掛け、結婚式でドレスだけは着たいと堅実に貯金をしながら明るくポジティブな暮らしをしています。もう一方の女性は、こんな収入じゃ碌に買い物もできないと常に不平不満に駆られ、「貧乏って最悪!」と文句を言うだけの毎日を送っています。同じお金を持ちながらこうも考え方が異なると、必然的にどちらのタイプの女性を選びたくなるのかは火を見るより明らかですね。特にお金持ちの男性はお金に対する価値観が明確で、お金に振り回されて不幸になっている人に惹かれることはありません。

 

お金はたくさん持っている方が明るい人生を送れる確率が高まります。即ち、お金持ちの男性と結婚したいと願うことは当然。ならば、選ばれし者となるべく不適切な思考は追い払いましょう。