経営者結婚

出世しない男性の特徴とは?

「パートナーの出世には興味がない」と言い切る女性は相当数います。

 

それは「出世=収入増」という一面があるため、お金に執着することなく充実したライフスタイルを求めることこそがスマートな生き方と考えているからなのかもしれません。でも、懸命に上を目指し、それを実現する逞しさや聡明さを備えたパートナーと共に過ごす日々は期待感に満ち、心が躍る時間を共有することでもあるのです。故に、確実に出世していく男性とのお付き合い、そして結婚生活は女性の生き方をも豊かにしてくれると言っても過言ではありません。そこでうだつが上がらない男性とのお付き合いで時間を無駄にしないためにも、出世しない男性の特徴を覚えておきましょう。

 

自分の能力を誇示しつつ、愚痴の多い男性

男性が自己アピールする際には、能力を誇示することを忘れません。狩りを行っていた時代から、成果を挙げられる男性は強い魅力を放っていました。その観念が奥底に蔓延っているために、男性の多くは「仕事が出来ます」アピールをせずにはいられないのです。ただし、これは自然なことなので非難されるべき特徴ではありません。注意すべきは、自分の能力を際立たせようという思いが強すぎて「周りの奴らがダメだから自分が頑張らないといけない」という言い回しで愚痴をこぼす男性です。

 

もしも能力があるならば、周囲との協力の下に業務を推進させる力にも長けていることでしょう。更にチームワークの大切さを心得て実績を築くことができる人は、自分だけの力で何かを成し遂げるという発想は持たないものです。また、やり手の男性は後輩の人材育成にも気を配るので、能力が伴わない人のことを一方的に非難したりしません。「仕事の愚痴を私に言うのは心を開いてくれた証拠」と考えるのは大間違いなのです。

 

曖昧な態度をとる男性

例えば食事場所を決めるシーンで、男性からの「何が食べたい?」の問いに「パスタ」と答えたとします。もしも男性が異を唱えなければ、当然の如くパスタが食べられる食事場所を選ぶことになるでしょう。ところが、稀に食べる直前や食べた後に「実はパスタ苦手」と言ってくる男性がいます。ここで勘違いをしてはならないのは、この男性は女性の意見を尊重したのではなく、協議することが苦手、または面倒だったからパスタを食べる羽目に陥ったという点。

 

何かを決める場面で自分の意見を言えない人に出世は望めません。決め事のシーンで違和感を覚えたら、要注意です。このように、出世しない男性を見極めるには仕事場で観察する必要はありません。些細な発言や態度から、男性の性質や能力は確実に量れるのです。