経営者結婚,脈なし,

経営者の男性の脈なしのサインとは?

お付き合いが望めないと感じたら、気持ちを即座に切り替えて新たなお相手を探すのが得策。
婚活中は時間の無駄を省き、有意義な出会いを重ねることが重要です。
そこで、不毛な時間を過ごさないためにも男性が発する脈なしのサインとはどのようなものなのか覚えておきましょう。

 

具体的なデートプランを一切提案しない

女性に「お休みの日に出かけませんか?」と誘われて了承したにもかかわらず、具体的にいつ会うのか、何をするのかといった提案を一切しない男性がいます。これは「会うことに気が進まない」という気持ちの表れ。誘われても嬉しさを微塵も感じないために、提案しようという姿勢になれないからです。このような男性のことでも気に入っていれば好意的に考えてしまうもので、「忙しいから無理なのかな」「少し時間をおいてから改めて誘おう」と気長に構えてしまうのは要注意。結局はお付き合いに至らないケースが殆どです。あなたの誘いに誠実に応えてくれる男性との縁こそ深める価値があるのです。

 

デート中のスマホ

あなたとお出かけしている最中にスマホばかり気にする男性は、目の前のあなたよりも優先すべきことがある、もしくは退屈していると思って間違いありません。時には仕事の関係で連絡を待っていることも考えられますが、常識のある男性ならば「すみません、連絡を待たなくてはならない都合があって」と断りを入れるはず。何も言わないなんて失礼極まりなし。速やかにお付き合いを絶ちましょう。

 

会話が自分のこと限定

デートの間中、自分が楽しかったことや興味のあることしか話さない男性がいます。恋愛下手なだけなのかもしれませんが、お互いの事に関心があれば知りたくなるのは必然。女性に対する質問無くして自分だけ一方的に話す男性は自分にしか関心を持てない寂しい人であり、愛情を育む相手としては役不足です。
こういった男性の本質を変えるのは至難の業ですから、脈なしと割り切って次のチャンスを探しましょう。

 

名前を呼ばない

女性の名前を呼ぶことなく会話を進める男性にとって、その女性は大切な人ではないことを意味しています。好意を持つ相手の名前を呼ぶ時は小さいながらも幸せを感じ、満ち足りた気分になるもの。これは男性でも女性でも同じことが言えます。それを拒否しているわけですから、脈なしと判断せざるを得ません。

 

これらのサインを感じ取ったら、逸早く気持ちをスイッチすることが大切です。きれいさっぱりと縁を切り、新たな出会いを求めるべく気持ちをリセット。元気なあなたになって、次の婚活をスタートさせましょう。